Sometime, I would like to try out a” kimono seikatsu,” wearing kimono everyday like the author of this article.

Physical Condition Today
Trying out Kimono ④
by MISAGO Chidzuru, Professor at Tsuda College

A kimono is sewn straightly from straight fabric straightly cut. So it’s very easy to fold. When kimono has become your daily and workplace wear, the easiest thing about it is packing for a trip. For a long trip, you can somehow fit them in by just quickly folding each tatoushi into two. For a single night stay, you can wrap up just a kimono and obi in a furoshiki. Which ever is so, because the flat kimono is folded flatly, it won’t wrinkle. You cannot immediately wear a suit, jacket, or blouse after unpacking it. Even folding them skillfully, the garment will be crushed. So a kimono lifestyle is much easier. Because a kimono is straight.
However, that is so. On the other hand, our bodies are not straight. Here and there are curves and cavities, bends and lines. Furthermore, it changes depending on the day. Depending on your physical condition, the body changes a little bit everyday. In the case of western clothing which mainly to fit the 3-dimensional curves of the body, the shape is already decided. No matter what the condition on your body is, the shape of western clothing does not change. The body is made to fit the clothing. Kimono is worn in discussion with your own body that differs everyday. Kimono is made to fit the body. It seems to me that when considering what is sensitive to your own body, wearing kimono is more sensible and rich. When you wear kimono everyday, you can more closely observe your body’s condition that day.
On days when you think “Hm, I can wrap my kimono neatly today,” or “The kimono fits my body, it rides well,” actually, your physical condition is good. When you can wrap a straight garment nicely around your body, it means the central axis of your body is well adjusted, that your body is flexible, not stiff or warped. In reverse, if you just can’t get the kimono to wrap nicely today, then it means the body is stiff or your balance is off. A kimono rides well when the body can flexibly move.
Wanting to wear kimono beautifully is the same as having a well-adjusted body. “Clothing” at its very source, is for protecting, sheltering and adjusting the body. I think it’s hard to notice this only wearing Western clothing.

今日の体調
きものを着てみると④
津田塾大学教授・作家三砂ちづる
きものは、直線の布を直線に裁って直線に仕立ててある。だからたたむのが楽だ。きものを日常着や仕事着にするようになって、一番楽になったのは旅行のときのパッキングである。長い出張ならスーツケースに畳紙ごとぽんと二つ折りにして何故かいれる。一泊くらいなら、きものと帯だけをふろしきにつつむ。どちらにせよ、直線のものを直線にたたんでいるので、しわもよらない。スーツやジャケットやブラウスをスーツケースから出してすぐに着られるように上手にたたむのは結構骨が折れたものであるが、きもの生活にしてからずいぶん楽になった。そう、きものは直線なのだ。
しかし、である。われわれのからだは直線ではない。あちこちにまるみやくぼみがり、ゆがみやこわばりがあり、反っていて、ゆがんでいる。そしてそれは日によって違う。体調によってからだは少しずつ毎日ちがっている。からだのだいたい曲線や立体的な部分を考慮してつくってある洋服の場合、形はかっちりときまっている。からだがどんな状態であろうが、洋服は変わらないから、からだのほうを適当にあわせて着ている。きものは毎日異なる自分のからだと相談しながら、きもののほうをからだにあわせているのである。からだへの感受性、と言うことを考えれば当然きものを着ているほうが敏感に、豊かになるだろう。毎日きものを着ていると、その日のからだの状態をよく観察出来るようになる。
「うん、きょうはすっきり着付けができたな」、「きものがよくからだにそい、うまく『のる』な」という日は、実に体調が良い。直線のものをからだにまきつけてバランスよく着られる、ということはからだの中心軸がよく整っていて、からだのこわばりや反りがなく、よくゆるんでいる、ということである。逆に言えば、どうもきょうは着付けがうまくいかないな、というときは、からだがこわばっていたりバランスが悪い。からだを動かしながらゆるめていくようにすると、きものがよく「のる」ようになる。
きれいにきものを着たい、ということはよくからだを整える、ということと同様なのであった。「衣」とはもともとからだをまもり、からだを保護し、からだを整えるためのものであったのだ。洋服だけを着ていると気づかなかったな、と思うのである。

 

Advertisements